人脈なくして成功なし

起業仲間との連携

中にはたった一人で起業をする人もいますが、チームを組んで起業する人も多くいます。一人でやれることには時間や労力に限界があるので、事業を一日も早く成功させるには多人数で協力した方がよいでしょう。

人にはどうしても向き不向きがあります。マネジメントが得意な人、パソコン作業が得意な人など、それぞれ適材適所で能力を発揮することにより事業をより円滑に進めることができます。専門的な技術や知識を得ている仲間は、必ず心強いパートナーとなってくれるでしょう。

歴史的にも、有名な起業家の側には必ず優秀なパートナーが存在していました。会社が大きくなると彼らは上層部として、新しい人材を育てていきます。そうして会社は新しいエネルギーを得て、さらなる発展を遂げることになります。

外部とのコミュニケーション

起業には外部とのコミュニケーションもまた必須です。ただし外部といっても直接的な取引先だけではありません。

起業を考えたとき、誰もが資金や会社の作り方など実務に関わることに意識を向けるでしょう。もちろんこれらも必須事項ですが、起業準備段階における勉強も非常に重要です。

事業は多額の資金があれば成功するものではありません。ノウハウやマネジメント、マーケティングなど、様々な知識が必要です。そしてそれらを得るにはセミナーなどに参加し、成功者の体験談、失敗事例、ビジネスモデルなどを吸収して自らの糧にしなければいけません。例えばラーメン店を経営しても、美味しいラーメンを作っただけではビジネスとして継続するのは非常に困難です。

色んな場所に顔を出し、たくさんの人に触れ合い勉強することは事業成功に必ず役立ってくれるでしょう。


B!