起業するってどういうこと?

経費計算

どういった事業を行うかでかかる経費は大幅に変わってきます。いずれにせよ創業の頃はそこまで多くの経費をかけることはできないでしょう。それでも初期コストや月々の運転資金は最低限必要です。

一般的には、起業前に最低コストの3ヶ月分は必須と言われています。これは起業してすぐに黒字になるのが極めて難しいからです。商品開発などに時間がかかる場合は販売に至るまで売り上げがゼロなので、その間のコスト確保が必要です。例えば販売までに一年かかる場合は、一年以上のコストを確保する必要があります。

起業にあたって必要なことはできる限り事前にリスクを避けることです。資金不足のまま起業してもすぐに会社を維持できなくなってしまいます。もちろん早々に黒字化するということも考えられますが、まずは赤字が続いた場合でも資金不足に陥らないよう充分な資金を確保するようにしましょう。

生活費の捻出

会社の維持と同時にもちろん生活費も必要です。事業が軌道に乗るまでは収入ゼロということも充分に考えられます。赤字が続いて生活費が捻出できず、事業を行いながらアルバイトしている人もたくさんいます。会社が黒字になるまでの間、どのように過ごすかもまた、起業成功に導くポイントになります。

仮に資金が充実していればアルバイトに割く時間を勉強などに充てることができ、より事業を円滑に進めることができます。せっかく起業しても事業に割ける時間がなくなれば本末転倒です。自分が起こした事業に集中するには、仮に収入がゼロならば貯蓄を切り崩すしか方法はありません。

生活費をどこから捻出するか?貯蓄か?アルバイトか?事業か?時は金なりということわざどおり、できることならアルバイトは避けて事業に集中できるような環境を事前に作っておきましょう。


B!